スケートボード

スケボーのソフトウィールのメリット・デメリット!トリックやランプは出来るのか説明します!

スケートボードにはソフトウィールという柔らかいウィールがありますが、このウィールでもトリックやランプは出来るのかな?と考える方もいると思います。

この記事を書いている筆者は、スケートボード歴が10年以上で今でも滑り続けているのですが、ハードもソフトも両方持っています。

そんな筆者から、始めに答えを出しますと、

ソフトウィールではトリックやランプはやりづらくなる。

これが答えになります。

そこで、ソフトウィールのメリットとデメリットや、トリックやランプでやりづらくなる理由などを紹介していきます。

よかったら参考にしてみてください。

ソフトウィールのメリット・デメリット

クルージングに適していると言われているソフトウィールですが、トリックなどを考えるとデメリットもあります。

そこで、ソフトウィールのメリットとデメリットをまとめました。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

メリット

はじめに、ソフトウィールのメリットをご紹介していきます。

・滑っている時の音が静か

・柔らかいから衝撃を吸収してくれる

・直径が大きめだと小石などにつまずきづらい

ソフトウィールのメリットは、やはり音が静かに滑れるという所です。

近所に迷惑をかけづらいですし、滑っている時にも気になりません。

また、柔らかいので、滑っている時の衝撃も吸収してくれて、足の疲れも少なくしてくれますし、大きめのウィールが多いので、小石などにもつまずきづらくなります。

これが、ソフトウィールのメリットです。

デメリット

ソフトウィールのデメリットは、以下のような感じです。

・柔らかいからグリップし過ぎる

・トリックがやりづらい

・大きめだと重い

・柔らかいから削れやすい

最大のデメリットといえば、グリップし過ぎて、地面に食いつき過ぎてしまう事になります。

スケートボードのトリックは、グリップし過ぎるとやりづらい事がたくさんあります。

また、大きめになると重さも出てくるので、更にトリックがやりづらくなりますし、柔らかいので削れやすいです。

これがソフトウィールのデメリットです。

ソフトウィールだとトリックは難しい

ソフトウィールは、絶対にトリックが出来ないという訳ではありません。

やろうと思えば出来ると思いますし、レベルが高い人や世界のプロスケーターはやってますからね。

ただ、それはレベルが高い人の話しであって、一般的な人の場合はかなりやりづらく、練習にもならない感じになってしまいます。

そこで、どのような理由でやりづらいのかをご紹介していきます。

トリックがやりづらい理由

ソフトウィールでトリックがやりづらいのは、以下のような理由になります。

・オーリーをした時にウィールが重くてやりづらい

・オーリーをして着地した時に、グリップが効きすぎて詰まる為、バランスが取りづらい

・ショービットのような横回転は、ウィールがグリップし過ぎて回りづらい

・パワースライドの場合は、ウィールがグリップし過ぎてスライドがやりづらい

・カーブBOXや縁石に乗った時に、ウィールがグリップしすぎて滑りづらい

このような感じで、グリップが効きすぎるという事は、どんなトリックをしたとしてもやりづらくなります。

もちろん、ソフトウィールでもオーリーなどは出来ます。

また、ハードウィールでトリックが出来る人であれば、力の入れ加減を強くしたり、スピードを早くしたりして、何とか成功させることは出来ます。

ただ、初心者の方の場合ですと、グリップ力が強い影響で、練習はとてもやりづらくなります。

スケートボードのトリックは、ウィールのグリップ力が少ない方が、メイクしやすいというのもたくさんあります。

「ハードウィールなら出来るのに、ソフトウィールだから出来ない」という事になる可能性も高いです。

ですので、トリックの練習をする場合には、ハードウィールの方が上達も早くなります。

ランプがやりづらい理由

ソフトウィールでランプがやりづらい理由は、以下のような感じです。

・ウィールがグリップし過ぎて、バランスがとりづらい

(78Aのようなクルーザー用のウィールの場合)

・ウィールがグリップし過ぎて、滑らすトリックがやりづらい

ランプの場合、滑っている面に対してウィールのグリップが良すぎると、張り付いているような感覚になります。

行ったり来たりはする事が出来ますが、グリップ力が効きすぎて余裕がないので、バランスが取りづらいという事にもなります。

ただし、これはクルーザーで使う78Aのような柔らかいウィールなので、それ以上のウィールだとこの様な現象は起きづらいです。

また、ランプのコーピングを滑らすようなトリックをする場合は、やりづらさが出てきます。

やりづらさを感じる、滑らすトリックの例はこちらです。

・50-50グラインド

・5-0グラインド

・スミスグラインド

・テールスライド

などなど

これらの様な、ランプのコーピングを流して滑らす、グラインド系、スライド系のトリックがやりづらくなります。

・コーピングとは、ここの部分です。

グラインドやスライドで滑らす時には、ウィールがコーピングと接しています。

この時、ソフトウィールだとコーピングへのグリップが効きすぎて、滑らす事が出来なくなるのです。

ですので、滑らすトリックをする場合には、硬めのハードウィールの方がやりやすくなります。

ちなみに、これからランプを始める初心者の方で、まだ滑らす事なんて考えてない場合でしたら、80A以上のウィールでも問題ありません。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。ソフトウィールは、そもそも街乗りなどで使われる物として造られたので、トリックには向いていない物です。

もちろん、やれば出来る事もありますが、練習がしづらくて上達も遅くなってしまいます。

ですので、もしもオーリーやショービットなどのトリックをちゃんとやりたい場合には、ハードウィールの方が上達も早いです。

自分に合ったウィールを選んで、スケートボードを楽しんでもらえたらなと思います。

この記事で、スケートボードのソフトウィールについて、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!