カルチャー・その他

11月のスキー場は寒い?何を着れば良いのか服装をご紹介します

11月というとスキー場のオープン季節になりますが、トップシーズンに比べれば気温も高いので、どんな服装で滑れば良いか悩む方もいると思います。そこで、実際に11月の軽井沢スキー場へ行ってきたので、その時に滑っていた人の服装をご紹介しようと思います。

11月はまだ天然の雪が降っていないスキー場が多くあり、晴天率も高く気温も高いので、寒いトップシーズンとは違う軽装でも滑れてオシャレも楽しめる時期です。

ただ、この時期に滑りに行ったことが無い方ですと、どんな服装をすれば良いのかわかりづらいですよね。

ここでは、実際に滑りに来ていた方達が着ていた服装をご紹介しますので、何を着れば良いか悩んでいる方は参考にしてみてください。

11月のスキー場は暖かい?寒い?

そもそも、11月のスキー場は寒いのか?という疑問ですが、これに関しては寒い日もあれば、暑い日もある!というのが答えになります。

実際に筆者が行った経験ですと、天気が良ければ暑いですし、曇っていたら寒いです。

この記事は11月の後半に書いている記事ですが、この記事を書いている数日前に行った軽井沢スキー場の天気は曇りでした。

その時はトップシーズンほどではありませんが、軽井沢周辺は寒かったです。

もちろん暑い日も経験した事はありますが、天気が良くない日は結構寒いので、11月だからと言って油断せず、ウェアーは持っていく事をおすすめします。

ちなみに、11月に軽井沢スキー場へ行った時の記事はこちら。

みんなが来ている服装は?

実際に筆者が11月に滑りに行った時に、滑りに来ていた人たちがどんな服装をしていたのかご紹介します。

スポンサーリンク

スキー、スノーボードウェアー

1番多かったのがスキー、スノーボードウェアーでした。

筆者が行った時が曇って寒かったという事もありますが、ウェアーを着ている率が高かったです。

スキーをしている人はほぼウェアーを着ていた印象がありますが、跳んだり、グラトリなどをして暑くなりやすいスノーボードをしている人だけですと、半分ぐらいがウェアーでした。

寒いのが苦手な方はウェアーを着て滑るのがおすすめです。

コーチジャケット

薄い生地のジャケットを着ている人も多く見ました。

寒いトップシーズンではなかなか着る事が出来ないので、この時期ならではの服装だと思います。

中には裏地がボア素材などの防寒対策もバッチリなジャケットもあるので、寒さが気になる場合は防寒対策がしっかりされたコーチジャケットがおすすめです。

パーカー、トレーナー、シャツ

スノーボードをしている人で、ウェアーの次に多かったのがパーカー、トレーナー、シャツなどのインナーのみで滑っている人達でした。

実際に筆者も11月の曇りの日にパーカーで滑っていたのですが、寒さはあったものの、我慢できないほどでもなく、跳んだり、グラトリなどをしていれば暑くなっていたので、ちょうど良い感じでした。

トップシーズンほどの寒さは無いので、インナーだけで滑っても問題なく楽しむ事が出来ます。

ビブパンツ

ビブパンツにパーカー、トレーナー、シャツなどを合わせるスタイルです。

最近ではビブパンツが流行っているという事があると思いますが、このスタイルで滑っている人も見かけました。

普通のウェアーパンツではできない服装なので、ビブパンツを持っている人しかできない限られた服装です。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。実際に色々な人の服装を見ていると、スノーボードをしている人の半分ぐらいは薄めの服装でした。

その日の天気や気温によって変わってきますが、寒さがまだ弱いこの時期ならではの服装で滑れるので、色々オシャレな服装で楽しめますね。

ウェアーを着ている人も多いので、寒さが苦手な方はウェアーを着るのがベストです!

スノーボードのシーズンインを自分なりのスタイルを見つけて、楽しくシーズンしましょう!

この記事で、11月のスキー場で何を着れば良いか悩んでいる方のお役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!