アクセサリー

あると便利なスノーボードで使えるおすすめのアクセサリーを紹介します!

スノーボードを楽しんでいる時にあったら便利なアクセサリーはデザイン性はもちろんの事、機能性でも様々な物が販売されています。

初めてスノーボードに行く方で何を持っていけばいいかわからない方や、初心者の方でどれを選べばいいか悩む方も多いかと思います。

ここではアクセサリーに悩んでいる方や、これから買い替えを考えてる方のご参考になればと、スノーボードショップでゴーグルやグローブ、ボードケース等のアクセサリー担当として働いていた経歴がある筆者がオススメのアクセサリーをご紹介したいと思います。

よかったら参考にしてみてください。

パスケース(リフト券入れ)

スキー場では必ずリフト券が必要になります。そのリフト券を入れるのに必須なのがパスケースです。

ウェアーにパスケースが付いている場合がありますが、スキー場によってはICチップ型のリフト券の場合もあるので、ウェアーによってはパスケースが裾についていてICチップが届きづらい場合があったりしますので、パスケースは1つ持っていた方がオススメです。

ちなみに筆者はスノーボード用の財布としても使っています。

スポンサーリンク

eb’s(エビス)PASS-STANDARD

アクセサリーブランド「eb’s」の定番型のパスケースです。シンプルで使いやく、スクリュータイプのカラビナがついているので、ウェアーのベルトに通しても落下防止になります。

デザインも色々とあるので、自分好みの物を選びやすいです。

eb’s PASS ARM NEO

同じくeb’sの腕に巻くパスケースです。伸縮性がある素材が使われているので巻きやすく、リフトに乗る時にもすぐにリフト券を見せやすいです。

Burton(バートン)PASS CASE

スノーボードトップブランドのBURTONからもカラビナ付きのパスケースが出ています。

ORAN’GE(オレンジ)パスケース GV

スノーボードのアクセサリーブランド「ORAN’GE」からはグローブに巻くパスケースも出ています。

防寒スマホケース

寒い場所でスマートフォンの電池が切れないようするスマホケースです。

スキー場は寒いのでどうしても電池が落ちやすくなってしまい、スノーボード中に友達や知人と写真や動画を撮ろうとした時に切れてしまったらせっかくの楽しいスノーボードの記録が残せなくなってしまいます。

そんなときに、スマホを冷やさないスマホケースがあれば電池が長持ちしてくれますので、写真や動画もたくさん残す事が出来ます。

BURTON (バートン)ANTIFREEZE PHONE CASE

スマホの防寒対策が出来るスマホケースです。

ケースの中に入れておけばスマホが冷えづらくなるので、電池が長持ちします。

このケースは筆者も使っているのですが、電池が落ちづらくなりますし、ケースに入れる事で他の荷物との接触も防ぐ事が出来るのでオススメです。

このケースのレビュー記事はこちらから。

小銭入れ

ゲレンデでスノーボードを楽しんでいる時にはお財布を持って滑る事は転倒時に無くしてしまったり、ウェアーに入れてもゴワついたりするのでオススメしません。

昼食代や休憩時のお金しか基本的には必要ありませんので、小さい小物入れに必要最低限のお金を入れるようにしましょう。

また、お金と一緒に大切なロッカーのカギ等も入れる事が出来るので、どこのポケットに入れたかわからなくならないように、大切な物は1つの小物入れに入れておくのがオススメです。

eb’s(エビス)PASS-COIN

小銭やカギなどを入れられるパスケース一体型のケースです。コンパクトなので、ウェアーの中に入れておいて膨れないので気にならないで滑る事ができます。

BURTON(バートン) JPN ZIP PASS WALLET

リフト券入れと小銭入れがセットになったパスケースです。止水ジップが使用されているので、水分の侵入を防いでくれて、カラビナもセットで付いてきます。

小物ケース

お金やカギ、リップクリーム、ゴーグル拭きなどをまとめ入れておくのに便利な小物ケース。パスケース一体型の物多くあるので、1つあると便利なアイテムです。

小物ケースベルトなどにぶら下げる時には、落としてしまったり、リフトから降りる時に引っ掛からないように注意が必要です。

eb’s PASS ARM

eb’sのBOXタイプのケースです。腕に巻くことができ、落下防止のスクリュータイプのカラビナがついているのでベルトにぶら下げる事もできます。

ORAN’GE(オレンジ) Pass case-BC

カラビナがついたボックス型のパスケースです。大きめで頑丈な作りなので、転んだ時にも中身がつぶれないケースです。

HOLD TUBE(ホールドチューブ)

スノーボードだけではなく、アウトドアや野外フェスでも使えるタスキのように斜めがけするベルトタイプのケースです。

スマホやカギを入れる事がでますし、体にフィットしてくれるので滑っている時に邪魔にならないケースです。

eb’s(エビス)PASS BODY

リフトケースと小物ケースが一体型になったバッグです。外側にリフト券が見えるようになっているので、リフトに乗る時も便利ですし、マチナシの薄型バッグが体にフィットしてくれます。

スノーボード以外でも使えるケースです。

フェイスマスク(ネックウォーマー)

晴れている時は日焼け止め、雪が降っている時は防寒対策として便利なフェイスマスク。

スノーボードのオシャレアイテムとしても使う事が出来ます。

また、山の天気は変わりやすいので、天気予報に左右されず、1つは持っていく事をオススメします。

DREGEN(ドレゲン)SABBATH

スノーボードアクセサリーブランド「DREGEN」のSABBATHは軽量で口元の裏地にメッシュ素材が付いているので息苦しさを軽減してくれます。耳にかけるイヤーバンドがついているので、ズレを防止してくれます。

DREGEN(ドレゲン)IOMI

DREGENの定番モデルのIOMIは口元が開く構造になっているので、呼吸がしやすいうえに、自分の息がゴーグル内に行かないので、ゴーグル内のくもりも軽減してくれます。イヤーバンドもついているのでズレずに、オールシーズン使えモデルです。

IOMIには凍結防止、保温性が優れた「IOMI SG」というモデルもあります。

eb’s(エビス)2WAY MASK

日焼け防止のUV-CUT素材と、保温効果があるフリース素材がついた筒形のフェイスマスクです。

日焼けが気になるとき、寒いとき、コンディションに合わせて使用する事ができます。

グローブリーシュ

リフトに乗っている時などに、グローブを外すと落ちてしまわないか心配になると思いますが、このグローブリーシュがあると常に手とつながっているので落とす心配がありません。

スマホを操作する時や、写真を撮る時などにあるとかなり便利です。

値段も高い物ではないので購入しやすく、持っていると結構役立ちます。

パウダーガード

新雪のパウダーや、転んだ時にウェアーの裾からの雪の侵入を防いでくれるパウダーガード。

装着も簡単で雪がパンツの中に入ってきた時の冷たさや、下着が濡れるのを防いでくれるので快適なスノーボードを楽しむ事が出来るオススメのアクセサリーです。

ANTHEM(アンセム)POWGARD

スノーボードアクセサリーブランド「ANTHEM」のパウダーガードはウェアーを着た後に簡単に後付けできます。これをつけていればウェアーのスソから雪が入ってくる事を防止できますし、デザインがはいっているのでチラッと見えたときにもオシャレにもみえます。

ゴーグルクロス

転倒時にゴーグルを飛ばしてしまい、ゴーグルが雪まみれになってしまった時に必要なゴーグルクロス。

濡れてしまったゴーグルをティッシュペーパーや、レストランのペーパーナプキン等で拭いてしまうとゴーグルレンズを傷つけてしまう原因になるのでオススメではありません。

クリアな視界でスノーボードを楽しむ為にコンパクトなゴーグルクロスはオススメなアクセサリーです。

blp ハンディレンズクロス

スノーボードアクセサリーブランド「blp」のレンズクロスは小型のケースに大きめのクロスが入っているので、収納時はかさばらず、使いやすいゴーグルクロスです。

ベルト

ウェアーのアクセントにもなるベルト。

日常で使っているベルトをそのままスノーボードにも使用されている方も多いと思いますが、スノーボードをしている時の転倒時やジャンプの着地等でベルトに負荷がかかり、破損や切れてしまう可能性があります。

また、スノーボードのパンツは普段履いているパンツより大きい為、伸縮性があり、丈夫なスノーボード用のベルトを用意しておくのをオススメします。

eb’s(エビス)GOMU-MESH

eb’sのGOMU-MESHベルトは伸縮性があり、通す穴がありませんが、ベルトのどこにでもピンを刺す事ができるので、自分の好みのサイズで使う事ができます。

eb’s(エビス)BUCKLE BELT

無段階で調整できるこのベルトのバックルは、栓抜きにもなっているので、ビンの飲み物を飲む時にも便利です。

ゴーグルケース(ハードケース)

スノーボードをしている最中に使う物ではありませんが、移動中、自宅での保管の時に役立つのがゴーグルケースです。

移動中にバッグやケースの中にゴーグルを入れておくと、他の荷物にゴーグルが潰されてしまって変形してしまったり、レンズに傷がついてしまう可能性があるので、箱型のようなゴーグルケースに入れておく事でゴーグルを安全に持ち運ぶ事が出来ます。

また、自宅での保管中も同じで、ゴーグルケースに入れておく事でゴーグルが守られるので、滑りに行かないシーズンオフなどはゴーグルケースに入れておく事をおすすめします。

ゴーグルケースをまとめた記事はこちらから。

最後に

最後までお読み頂き誠にありがとうございました。今回はスノーボードをやってる時に役に立つアクセサリーをまとめてご紹介させていただきました。とにかく、年々各ブランド新しく面白いアクセサリーを発売しています。便利で使いやすいアイテムを手に入れて、更にスノーボードを楽しみましょう!

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!