スケートボード

スケボーで足の裏が痛くなる理由を説明!痛い時の対策方法も紹介します!

「スケートボードで滑っていたら、足の裏が痛くなってきた」という経験をした事がある人もいると思います。これは、初心者の方だけではなく、スケートボードに慣れている方でも起こる事です。

筆者はスケートボード歴が10年以上で現在でも滑り続けているのですが、筆者も同じ経験をした事があります。

初心者の頃にもありましたし、スケートボードに慣れた時でも痛みがあった事があります。

その痛みにはそれぞれ理由があって、それを対策する方法もあるのです。

そこで、そんな経験をしている筆者が、足の裏が痛くなる原因や、対策方法をご紹介していきます。

良かったら参考にしてみてください。

この記事では医療的な事は書いてありません。

「痛みが続いて治らない」場合などは、この記事ではお役に立てませんので、当サイト以外を参考にしてください。

スケボーで足の裏が痛くなる理由

スケートボードは、常に足の裏に衝撃を与え続ける遊びになります。

飛んだり跳ねたり、地面を蹴り続けたりしているので、足の裏への負担はかなりかかってきます。

そして、主に痛くなる理由は以下のような感じです。

・オーリーなどのトリックをした着地の衝撃

・プッシュをしている時の衝撃

・滑り過ぎによる疲れ

このような事が原因で足の裏が痛くなってしまうのです。

まだオーリーが出来ない方でも、常にジャンプをして練習しているので、足の裏には負担がかかっています。

また、街中や公園でプッシュをしているだけでも、アスファルトの状況によっては、ウィールやデッキを通じて足の裏に負担がかかっています。

常に足の裏にガラガラと小刻みな衝撃がきていますし、地面を蹴り続けているので、足裏の疲労にもつながります。

・飛んだり跳ねたりする

・足の裏に常に小刻みな衝撃が来ている

・地面を蹴り続ける

一般的な生活ですと、このような状況ってあまり無いですからね。

このような事が足の裏の痛みにつながってきます。

スケボーで足の裏が痛い時の対策方法

滑っている時に足の裏が痛くなってしまう理由を説明してきましたが、その対策方法もご紹介します。

足の裏が痛くなるのは「滑っている時の衝撃や疲れ」ですが、それを抑える方法です。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

スニーカーを変える

スケートボードには「スケシュー」という、スケートボードに適したスニーカーがあります。

スケシューの中敷きには、クッション性が良い物が入っているので、これが衝撃を抑えてくれます。

また、現在スケシューを履いているのに足裏が痛いという事でしたら、そのスケシューが合っていない可能性もあります。

・スケシューはブランドやモデルによって、クッション性が変わる

基本的に、スケシューにはクッション性が良い中敷きが入っていますが、それでも薄い物もあります。

このような場合でしたら、スニーカーを変えるか、この次に紹介する「スニーカーの中敷きを変える」を参考にしてください。

スニーカーの中敷きを変える

スケートボードをやる方の中には、トリックをメインにやる方、街中や公園でプッシュしながら遊ぶ方など、様々な方がいます。

トリックをやる方に関して言えば、スケシューを使う方も多いと思いますが、「スケシューはいらないな・・」という方もいると思います。

また、新しいスケシューを買ったのにインソールが薄くて痛いという場合もあります。

そんな時には、中敷きだけを変えれば改善される事もあるのです。

・100均の中敷き

・衝撃吸収に特化した中敷き

「100均の中敷きでも良いの!?」と思われる方もいると思いますが、意外といける場合があります。

売っている物の中には「低反発インソール」という物もあるので、とりあえず試してみたいという方にはピッタリです。

100均ショップでしたら色々な所にありますし、手軽に試す事が出来ます。

また、衝撃吸収に特化したインソールという物もあります。

これは筆者も実際に使っていますが、かなり良くて使えます。

オーリーなどの着地の衝撃を吸収してくれるので、足の裏の痛みどころか、疲れやすさも軽減してくれました。

筆者の場合「リウマチ」という持病があるので、その影響で足の裏が痛くなる事があります。

今では毎日薬を飲んで抑えられていますが、それでも滑り過ぎると足裏が傷みやすくなるので、このインソールを使っています。

このインソールについてはレビュー記事を書いているので、良かったら参考にしてください。

ウィールを柔らかくする

スケートボードに付いているウィールには硬さの違いがあるのですが、ウィールを柔らかくする事で滑っている時の衝撃を抑えてくれます。

筆者はトリック用とクルージング用のスケートボードを持っているのですが、ウィールの硬さは全然違います。

・トリック用:ハードウィール

・クルージング用:ソフトウィール

移動やクルージングの際にはソフトウィールを使っているのですが、粗いアスファルト路面でも衝撃は軽減出来ています。

ですので、衝撃からの足の痛みというのはほぼありません。

ただ、ハードウィールでずっとアスファルトの上をプッシュしていると、今の筆者でも足は痛くなってくると思います。

足が痛むどころか、疲れやすくもなるので、ハードウィールでは長い時間プッシュ移動はしません。

柔らかい「ソフトウィール」に変えれば、路面が荒れていたとしても衝撃を吸収してくれるので、足裏への負担も減らす事が出来るのです。

もしも硬めのウィールを使っていて足の裏が痛いという事でしたら、これで解消することが出来ます。

ライザーパッドをつける(効果薄い)

スケートボードのパーツの中には、「ライザーパッド」という物があります。

筆者もスケートボードクルーザーに付けているのですが、このような物です。

デッキとトラックの間に入れて、デッキの車高を高くする物で、滑っている時の衝撃を抑えるクッションにもなると言われています。

ただ、これに関しては、効果は薄いと筆者は感じています。

筆者がこれを付けている理由は、ウィールを大きめのサイズにしたからです。

ウィールが大きくなると、曲がる時にデッキとウィールがぶつかってしまう「ウィールバイト」という事が起きてしまいます。

これを防ぐ為にライザーパッドを入れているのですが、ハッキリ言って、滑っている衝撃を軽減している気はしません。

それか、衝撃を吸収してくれているけど、気付かないぐらい効果が薄いかです。

ですので、足の裏の痛みを軽減してくれるぐらいの衝撃吸収になるかは分かりません。

ただ、一応こういう物もあります。

これを付ける時には、トラックを取り付けているビスの長さも交換しないといけないので注意してください。

滑り過ぎの場合は休む

初心者の方や、スケートボードに慣れていない方に起こりやすいのが、滑り過ぎの疲れです。

一般的な生活をしていますと、スケートボードでかかる衝撃を受ける事があまり無いので、足裏への負担もかかりやすくなります。

また、普段あまり使わない筋肉を使う事で、痛みが出てきてしまいます。

これは筆者も初心者の頃に経験した事があるのですが、やはり練習のやり過ぎで痛くなった事がありました。

知らない間に足の裏に負担がかかっていて、痛み出してきたという感じです。

やり始めは意気込んでしまうので、慣れていないのに頑張り過ぎちゃいますからね。

そんな時は、休むのが1番です。

筆者も初心者の頃に痛みを経験していますが、少し休んだら良くなりました。

ですので、足の裏が痛くなったら休む必要もあります。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。スケートボードに慣れている方でも、慣れていない方でも起こりやすい足の裏の痛みですが、衝撃を少なくするだけで改善する事もたくさんあります。

ぜひ今回ご紹介した事を試して頂き、スケートボードを快適に楽しんでもらえたらなと思います。

ちなみにですが、足の裏の痛みが取れないという事でしたら、すぐに病院へ行くようにしてくださいね。

この記事で、スケートボードで足の裏が痛いという方の、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!