スケートボード

VANSのスケート スリッポンをスケシューで使ったレビュー!サイズ感や履き心地など!

VANSの「スケート スリッポン(SKATE SLIP-ON)」を実際に購入して履いてみました。

従来からあるスリッポンを、更にスケートボードで使いやすくしたモデルになります。

筆者はスケートボード歴10年以上で今まで色々なスケシューを履いてきましたが、簡単に脱着ができるうえに、スマートなデザインが良いなと感じました。

そこで、実際に使ってみたVANS「スケート スリッポン(SKATE SLIP-ON)」について、色々と詳しくレビューしていきます。

良かったら参考にしてみてください。

BURTON ONLINE STORE

VANSのスケート スリッポン(SKATE SLIP-ON)をレビュー

・今回レビューするのはこちらです。

老舗スニーカーブランドVANSの「スケート スリッポン(SKATE SLIP-ON)」。

デザインは標準のスリッポンのままで、耐久性やインソールを強化させたモデルになります。

そんな「スケートスリッポン」の良かった所の結論を先に書くと、次のような所が良かったです。

【スケート スリッポンの良かった所】

・シンプルでスッキリしたデザイン

・素材が強化されて耐久性が強い

・インソールのクッション性が良い

・アウトソールの溝が深くて長持ちする

・カカトのホールド感が良い

・スケートボード中に脱げることはなかった

このような所が良いなと感じました。

ただ、次のような所がデメリットかなとも感じます。

【スケート スリッポンのデメリット】

・トリックをする時に痛みを感じることがある

・ヒモが無いので、脱着の時に調整できない

・使い続けていくと、履く所のゴムが傷付く

・ピッタリのサイズを選ぶと、新品だと履きづらい

・始めは硬さを感じる

実際に使ってみて感じたのはこのような所でした。

そんな感じのスケート スリッポンについて、次の順番でレビューしていきます。

それでは順番に、VANS「スケートスリッポン」について詳しくレビューを書いていきます。

スポンサーリンク

外観

「スケートスリッポン」の外観になります。

まず、すぐに気付いたのが、ミッドソールが厚くなっている所です。

フリップなどで削れやすいところではありますが、VANSの通常のスニーカーと比べると厚くなっているので、耐久性がありそうだなと感じました。

触ってみた感じだと、硬さも感じるミッドソールでした。

厚みがあるうえに、硬さもあるので、耐久性としては強そうだなと感じます。

そして、アッパーはスウェード生地とキャンバス生地で造られていました。

オーリーなどで削れやすい箇所はスウェード生地なので、こちらの耐久性にも期待ができます。

裏返してみると、ソールの凹凸も深めに造られていました。

VANSの場合はソールのグリップ力が良いですが、凹凸がなくなりやすいというデメリットがありました。

なくなりやすい凹凸が深めに造られているので、こちらも長持ちしてくれそうです。

そして、足の甲にあたるシュータンの部分は、薄めに造られていました。

この辺りは標準のスリッポンと変わらなかったです。

足を入れる入口部分は、少し厚みがある造りで脱げづらいようになっています。

とはいっても、この辺りも標準のスリッポンと変わりません。

ただ、カカトの部分は、しっかりとカカトがホールドされるように強化されていました。

履いた時のフィット感が良かったので、歩きやすかったですし、激しく動くスケートボードで使うには良いなと感じます。

外観の最後は、インソールです。

インソールを抜いてみると、厚みがあり、クッション性が良い物が使われています。

「つま先」周りは薄めで「かかと」周りは少し厚めな感じ。

トリックの失敗などで傷めやすい「かかと」が少し厚めなのも良かったです。

また、クッション性があると言っても、すごく柔らかすぎるという感じではありません。

ですので、歩いている時も、滑っている時も違和感は少なかったです。

ヒモが無いデザインなので、ヒモ切れを心配しないで済みますし、ソールなどが強化されているのは良いなと感じました。

標準のスリッポンに比べてクッション性も良く、履き心地も良いスニーカーでした。

気になった所

「スケート スリッポン」を履いて気になる点もありました。

まずは、新品の時の硬さです。

新品時は硬いスニーカーもありますが、それは「スケート スリッポン」も同じでした。

また、今回はピッタリのサイズを選んだのですが、足の甲への圧迫感もありました。

ヒモなどで調整もできないので、ピッタリのサイズで選んだ場合には、始めの頃に履きづらさを感じます。

とは言っても、使っているうちに素材が馴染んでくるので、それまではしょうがないかなと感じました。

それ以外にも、スケートボードで使った時のデメリットもありましたが、それについては「スケートボードで使ってみた」の項目で詳細を書きます。

VANS「スケート スリッポン」のサイズ感

VANS「スケート スリッポン」のサイズ感になります。

まずは、筆者の足のサイズを載せておきます。

【筆者の足のサイズ】

・足の長さ:24.8cm
・足の横幅:10.9cm
・足囲:24.2cm(足周り)
・足甲の周り:24.5cm

スケート スリッポンは、スケートボードで使う為、ピッタリなサイズ感で選びました。

そして、実際に選んだのが25.5cmです。

普段から25.5cm~26cmで選んでいて、主に25.5cmを選んでいます。

そして「スケート スリッポン」は25.5cmでちょうど良いサイズ感でした。

また、他のスニーカーは次のようなサイズ感になります。

スケート スリッポンを実際に履いてみると、25.5cmで足の甲に少しだけ圧迫感があるかなといった感じです。

また、履く時に、シュータン部分が足の甲に当たってしまい、少し履きづらさを感じました。

とはいっても、新品で生地がまだ馴染んでいないという状態になります。

26cmと履き比べてみると、履いた時に少し余裕ができてしまったので、ピッタリで履きたい筆者としては満足できる履き心地ではなかったです。

新品で硬いですし、馴染めば少し余裕ができるかなと思い、25.5cmを選びました。

25.5cmだと、始めの履きづらさや、足の甲へ少し圧迫感がありますが、小さいという感じは一切ありませんでした。

むしろ、26cmと比べると、ちょうど良いサイズ感になります。

実際に履いて使っていても問題はなかったので、このサイズを選んで良かったなと感じました。

人の足には色々な形や大きさ、サイズ感の好みがあるので、amazonや楽天市場のレビュー欄に書いてあるサイズ感も参考にしてください。

スケートボードで使ってみた

VANS「スケート スリッポン」をスケートボードで使ってみました。

初めて使ったのは、休憩しながらの4時間ぐらいです。

やっていたことは次のような感じになります。

・オーリー、フリップなどフラットトリック
・カーブBOXやレール

使っていて感じたのが、ホールド感の良さとクッション性の良さです。

しっかりと足をホールドしているので、足の動かしやすさがありました。

スッキリとしたデザインなので、デッキのコントロールもしやすいなと感じました。

ただ、トリックをした時に感じたのが、足に痛みを感じる時があるという事。

シュータンもなく、アッパーの生地は薄めなので、デッキが当たる感触を凄く感じます。

そのため、トリックを失敗した時や、足を摺り上げてキックフリップをする時など、足の甲にデッキが当たる時は痛みがありました。

激痛とまではなりませんが、それでも足にデッキが当たった時はシュータンがあるシューズに比べ、痛みを感じやすかったです。

耐久性としては、少しだけ擦れ傷ができました。

はじめて使ったので、これぐらいは普通かなといった感じがします。

そして、キックフリップなどで削れやすい「つま先」。

少し減りはしましたが、減り具合としては普通かなと感じました。

ソールのグリップ力は良かったです。

グリップしながらも、ある程度の自由度もあったので、スタンス変更がやりづらいという事もありません。

VANSらしい、良いグリップ力でした。

シュータンが無い事や、生地が薄めという事で、足の甲への衝撃は感じやすかったです。

とは言っても、そのスッキリとしたデザインのおかげで、デッキのコントロールはしやすいなとも感じました。

使い始めは少し硬さを感じましたが、やりづらいと感じる事はなかったです。

インソールのクッション性や、グリップ力は良いスケシューでした。

・ランプやボウルで使ってみた

「スケート スリッポン」を履いてランプでも滑ってみました。

ソールのグリップ力が良いうえに、足のホールド感が良いので滑りやすかったです。

グラインドなどのトリックをする時も違和感はなく、普通どおりに滑れました。

また、ボウルで滑った時にも問題なく使えました。

しっかりとグリップしてくれて滑りやすかったです。

インソールのクッション性も良かったので、トリックを失敗した後の着地も、衝撃が少なくて良いなと感じます。

・2週間で穴が空き始めた

VANSの「スケート スリッポン」を使い始めて、2週間で穴が空き始めました。

主にやっていた事は、次のような感じです。

・フラットトリック
・カーブトリック
・レールトリック
・ランプ

このような感じで、ごく一般的な使い方です。

そして、この追記する前に滑ってた日数や時間は、次のような感じです。

・週4日
・3時間~6時間
・平均だと1日4時間ぐらい

時間に関していうと、その日によって変わってきますが、平均すると1日で4時間ぐらいかなといった感じです。

滑っていたのは、よく行く近所のスポットや屋外パーク、室内ランプなどになります。

使い始めて2週間ですが、オーリーで擦れる所に穴が空き始めて、中身の「DURACAP」が見えてきました。

「DURACAP」が分かるぐらいなので、まだ貫通はしていません。

そして、フリップで削れやすい「つま先」も削れていますが、まだ使える状態です。

この時点でのソールの減りは、まだ少ない状態になります。

グリップ力にも問題はありません。

2週間使ってこの状態ですが、個人的には許容範囲内かなといった感じです。

破れ始めた所はシューグーを塗れば問題ないので、補修して使っていきます。

・1ヵ月以上使ってみました

VANS「スケート スリッポン」を、1ヵ月以上使ってみました。

主にやっていた事は、次のような感じです。

・フラットトリック
・カーブトリック
・レールトリック
・ランプ

滑り方としては一般的なトリックなどをやっていた感じになります。

そして、この追記する前に滑ってた日数や時間は、次のような感じです。

・週3~4日
・10日以上
・3時間~6時間
・平均だと1日4時間ぐらい

補修は1度だけしていますが、シューグーが剥がれてしまい、そこから少しだけ傷が広がりました。

「DURACAP」は貫通していないので、また補修すればまだ使えそうです。

そして、フリップで削れやすい「つま先」は削れ具合も少なく、補修するほどでもありません。

減りはしましたが、このまま問題なく使える感じでした。

意外と傷がついたのが、履く所。

ゴムが切れ始めてきたので、このままいけば、サイス感的にゆるくなっていきそうです。

今の段階でしたら、まだゆるく感じていないので、問題なく使えています。

ただ、ここが切れだしたら終了かなとも感じます。

そして、裏面のソールは減りましたが、まだ使える状態です。

筆者はレギュラースタンスなのですが、弾く方の右足のソールもほぼ削れてなかったです。

凹凸は減りましたが、ソールの耐久性は良い方かなと感じます。

1ヵ月使ってみて、1度だけ補修はしましたが、まだ使える状態です。

つま先もソールも削れが少なかったですが、履く所のゴム次第でどうなるかといった感じでした。

とはいっても、今のところは問題がないかなと感じます。

VANS「スケート スリッポン」レビューのまとめ

VANSの「スケート スリッポン」をスケシューで使ってみて、スッキリとしたシンプルなデザインなので、足が動かしやすいのが良かったです。

履いている時のホールド感の良さや、グリップ力が良いのも使いやすいなと感じました。

クッション性も良いので、普通に歩いている時はもちろん、衝撃耐性があるのも良いところでした。

ただ、シュータンがないのでサイズ調整が出来なくて履きづらさを感じたり、新品の頃は足の甲への圧迫感があったりとデメリットもありました。

そして、アッパーの生地が薄いので、足にデッキが当たった時に痛みを感じやすいという点もあります。

とはいっても、馴染んでくれば生地の余裕はできそうなので、履きやすさは上がりそうです。

また、シンプルでスッキリしているのがスリッポンの良さなので、多少使いづらさがあっても、履いていてデザインは良いなと感じました。

デメリットもありましたが、それでも使いやすさの良さや、デザインの良さが勝るシューズだなと感じました。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。スケートボードに特化したモデルだけあって、クッション性はとても良かったです。

歩いている時にも疲れづらいので、普段履きとしても良いなと感じました。

そしてやはり、デザインがシンプルでカッコいいのが良い所でした。

スケートボードのトリックもやりやすかったので、使いやすさがあるシューズでした。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!