ボードケース

スノボ新幹線、バスツアーの荷物の持ち運び方やバッグ等を紹介します

スノーボードのバスや新幹線ツアーに行く時のオススメな荷物の運び方やバッグ等をご紹介します。どんなバッグやスノーボードケースに荷物を入れて移動しているでしょうか?せっかくの楽しいスノーボードツアーなので、行き帰りの移動はできるだけ楽に移動したいですよね。

筆者は以前、スノーボードショップでゴーグルやグローブ、ボードケース等のアクセサリー担当として働いていた事があるのですが、ボードケースをどれにしようか悩んでいる方の1番多い悩みが、

どうすれば新幹線やバスツアーで楽に移動できるか?でした。

そこで、筆者が以前働いていた経験と知識をもとに、オススメの荷物の運び方をメリット、デメリットを踏まえてご紹介したいと思います。

スノーボードツアーの移動が楽にできるように、参考にしてみてください。

スノーボードツアーでのバッグの運び方

スノーボードのバス、新幹線ツアーとなると、集合場所への移動方法がやはり気になるところだと思います。

今回は色々なパターンをご紹介していくので、ぜひ自分に合った持ち運び方を見つけて、移動を楽にしてください!

スポンサーリンク

リュックボードケース+小バッグ

リュックタイプになるスノーボードケースに小さめのバッグのセットです。

小さめのバッグのセットと書きましたが、現在販売されているリュックタイプのボードケースはかなり荷物を入れる事ができるので、荷物を1つのボードケース内にまとめてしまう事も出来ます。

重い荷物を背負う事で、両手が自由に使う事ができますので、移動中の切符の出し入れなどもしやすいです。

メリット
・重い荷物を背負う事で移動が楽になる。

・手の自由度が上がる

デメリット
・スノーボード道具をすべてボードケース内に入れると重くなるので、背負う時に若干苦労する

・滑り終わった後に、濡れている板から収納しなくてはならないので、帰りの片づけが面倒くさい

ソールカバー+大きめのリュック

ソールカバーと書きましたが、ソフトケースでも良いと思います。スノーボード板と他の荷物を大きめのリュックに分ける方法で、荷物が分かれるので重さを分ける事ができます。

メリット
・重さが分かれる分、荷物1つ1つが軽くなる。

・板と道具が分かれているので、荷物の片づけがしやすい。

デメリット

・片手でスノーボードを持つので、片手の自由がなくなる。

ソールカバー+ダッフルバッグ

こちらもソフトケースでも良いと思います。

スノーボード板以外の道具をすべてダッフルバッグに入れる事によって、ボードケースに道具を全て入れた時よりも荷物の重さが分かれてくれるので、荷物1つ1つは軽くなります。重い荷物を持つのは苦手という方にはオススメです。

メリット
・重さが分かれる分、荷物1つ1つが軽くなる。

・現在大きめのダッフルバッグを持っている場合、ソールカバーかソフトケースだけを購入すれば良いので、値段が安くすむ。

・ダッフルバッグを持っていない場合でも、ダッフルバッグを購入してもスノーボード以外の旅行でも使える。

・板と道具が分かれているので、荷物の片づけがしやすい。

デメリット
・片手でスノーボードを持つので、片手の自由がなくなる。

・重量があるダッフルバッグが自分の横や後ろにあるので歩きづらい。

ソールカバー+リュックダッフルバッグ

こちらもソフトケースでも良いと思います。

先ほどと同じ感じですが、スノーボードの板が入っていないスノーボード道具なので、板が入っている時よりは軽く、背負う事で歩きづらさもなくなります。

メリット
・重さが分かれる分、荷物1つ1つが軽くなる。

・現在大きめのダッフルバッグを持っている場合、ソールカバーかソフトケースだけを購入すれば良いので、値段が安くすむ。

・ダッフルバッグを持っていない場合でも、ダッフルバッグを購入してもスノーボード以外の旅行でも使える。

・背負う事で、歩きづらさがなくなる。

・板と道具が分かれているので、荷物の片づけがしやすい。

デメリット
・片手でスノーボードを持つので、片手の自由がなくなる。

ソールカバー+キャスター付きバッグ

こちらもソフトケースでも良いと思います。

コロコロが付いたキャスターバッグにする事で、板だけを持ち、他の重い荷物を転がすだけで持たずに移動する事ができます。

この段落に使用している写真に写っているバッグは、eb’s(エビス)というスノーボードブランドの「CONTAINER WHEEL」と「 CONTAINER TOTE」というバッグです。

2つのバッグを合わせて、板を取り付ける事ができるキャスター付きバッグで、1つの荷物にまとめ、転がして移動する事ができます。

メリット
・重い荷物を転がして移動する事ができる。

・(eb’s エビス)板を取りつける事ができる物もあるので、1つの荷物にまとめる事ができる。

・板と道具が分かれているので、荷物の片づけがしやすい。

デメリット
・階段の時などの段差は持ち上げないといけない。

・キャスター付きバッグの大きさによっては、スキー場のロッカーに入らない場合がある。

キャスター付きボードケース

スノーボード用品をすべてまとめて入れる事ができ、重い荷物を転がしながら移動する事ができます。

パッド付きのボードケースが多いので、バスツアーなどで重ねられても心配はいりません。

メリット
・全ての荷物を1つにまとめられる。

・転がしながら移動できる。

デメリット
・荷物の重量+ボードケースの重量があるので重くなりやすい。

・階段の時などの段差は持ち上げないといけない。

・ボードケース自体が大きいので、スキー場のロッカーによっては入らない。

・滑り終わった後に、濡れている板から収納しなくてはならないので、帰りの片づけが面倒くさい。

まとめ

ソールカバーですとビンディングが出てしまうので、ビンディングが剥き出しになるのが気になる方や、バスツアーで預けた時に傷がついてしまうかが気になる方はソフトケースを選んで、ウェアーの上下を中に入れて置くことがおススメです。

ウェアーの上下がクッション代わりになってくれるので、バスツアーで重ねられても傷付きづらくなります。

個人的な意見ですが、ソフトケースやボードケースに入れる時には、板の周りに付いているエッジ(金属の部分)でボードケースや一緒に入れた物が傷つかないようにソールカバーやニットカバーをつけて置くのをオススメします。

重い荷物を1つにまとめて楽に移動したい方はリュックタイプのボードケースやキャスター付きボードケース、重い荷物が苦手な方はソールカバーやソフトケースのタイプを選ぶと移動が楽にできます。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。スノーボードへ行く時には大きい荷物を持って移動するのが大変という方も少なくはないと思います。この記事を参考にしていただき、自分に合った荷物の運び方を見つけて、楽しいスノーボードのツアーを満喫してもらえたら嬉しいです。この記事でスノーボードツアーの荷物の運び方のお役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!