バッグ

日帰りハイキングで使うおすすめリュック6選!選ぶポイントも紹介します!

自然の中を歩きながら景色を楽しみつつ、運動もできる楽しいハイキング!険しい登山と違って、簡単なハイキングコースもあるので色々な方が楽しめるレジャーですよね。

そんなハイキングをする時に必要となってくるのがリュック。

背中に荷物を背負う事で両手が自由に使えますし、ハイキングには必須なアイテムの1つです。

ただ、ハイキングで使うリュックと言っても、普段使う物と違って、どんな物を選べば良いか分かりづらいという方も少なくはないと思います。

また、リュックはたくさんありますし、いざ探すとなると大変ですからね。

この記事を書いている筆者は、以前スノーボードショップでゴーグルやバッグなどのアクセサリー担当として働いていた経験があるのですが、リュックを探している方の中には、ハイキングでも使えるリュックを探している方もいました。

同じ山つながりという事や、冬にも夏にも使いたいという事で探している方が多かったです。

そこで今回は、元ショップ店員の経験を持ち、今までいくつものリュックを使ってきた筆者が、日帰りハイキングで使うおすすめのリュックをご紹介していきます。

良かったら参考にしてください。

日帰りハイキングで使うリュックを選ぶポイント

まずはじめに、日帰りハイキングで使うリュックを選ぶポイントをご紹介していきます。

選ぶポイントは、以下のような点になります。

・大きすぎる物はNG

・容量の目安

・背負い心地が良い物

このような所が大切になってきますので、これについてご紹介していきます。

また、この記事では、しっかりとした登山を目的にしている方ではなく、簡単なハイキングコースを楽しみたいという方の為に書いています。

・簡単なハイキングコースを楽しみたい

・自炊するようなグッズは持って行かない

・日帰りで必要最低限の荷物を持って行く

・自分1人分(家族などの荷物は入れない)

このような方にはお役に立つ記事となります。

それでは順を追ってご紹介していきます。

スポンサーリンク

大きすぎる物は選ばない

日帰りのハイキングで使うリュックには、大き過ぎる物は必要ありません。

もしも、テントや登山装備をしっかり持って行くような状態でしたら大きいリュックが必要です。

また、山小屋で宿泊するような登山の場合でも、大きい物が必要となってきます。

ただ、山に行ったとしても、舗装されている道を歩く場合や、山小屋に宿泊しないような場合でしたら大きいリュックは邪魔になりがちです。

やはりリュックが大きくなればなるほど、背中への違和感も出やすくなりますからね。

ですので、日帰りハイキングの場合でしたら、大きいリュックは必要ありません。

日帰りハイキングに必要な容量

日帰りハイキングに大きめのリュックは必要ないと書きましたが、それではどれぐらいの大きさが目安なのか?

人によって持っていく荷物の量は変わるってくるとは思いますが、20~25L容量ぐらいで十分な大きさです。

・日帰りハイキングに必要な容量は20~25L

リュックのモデルによって変わってはきますが、この容量でもこれぐらいの荷物を入れる事ができます。

・水筒

・雨具

・ジャケット

・お菓子などの小さい食べ物

・コンパクトなハイキンググッズ

これだけの物を入れられるような容量となってきます。

ただ、自炊する為の調理用コンロや食器、食材なんかを入れる場合ですと、少し足りない容量のサイズにはなってしまいます。

そのような場合ですと、もう少し大きめのリュックの方が使いやすさはあります。

簡単なハイキングコースへ行く場合や自炊しない場合でしたら、入れる荷物量はこれぐらいなので20~25Lで十分足ります。

背負いやすさは重要

景色を楽しみつつ、階段や坂道を移動していくハイキングの場合は、背負いやすさはかなり重要です。

簡単なハイキングと言っても、階段や坂道があるような道を歩き続けるのは運動量も多いので、リュックを背負い続けると背中や肩への負担もかかりやすくなります。

背中や肩へのストレスを感じ続けると、せっかく行ったハイキングの楽しさも半減してしまいますからね。

そこで重量になってくるのが、リュックの背面パネル(背中に当たる部分)や、肩にかかるショルダーベルトです。

背面パネルやショルダーベルトがしっかりとしている事で、背中や肩への負担も軽減してくれますし、歩きやすさも向上してくれます。

また、荷物を入れた時の重さを軽減してくれるというメリットもあります。

ですので、ハイキングに使うリュックは背負いやすいリュックを選ぶ事がポイントになります。

日帰りハイキングで使うおすすめリュック6選

それではここから、日帰りハイキングで使うおすすめのリュックをご紹介していきます。

それぞれに、そのリュックのポイントなどもいれておきます。

ぜひリュック探しの参考にしてください。

DAKINE「HELI PRO20」

アクションスポーツをメインとしたバッグブランドDAKINEの「HELI PRO20」。

スキーやスノーボードの板を取り付けて登山できる、頑丈に造られたリュックです。

背面パネルや、ショルダーベルトは重い荷物を入れた時の背負い心地をサポートしてくれます。

すぐにアクセスできるポケットも付いているので、使いやすもあるリュックになります。

・容量:20L

・頑丈に造られているモデル

・重い荷物を入れても背負い心地をサポート

・小分け収納しやすいポケット

・「HELI PRO20L」のレビューはこちら >

DAKINEのHELI PRO20L使い心地も含めレビューしますDAKINE(ダカイン)のバックパック、HELI PRO20L(ヘリプロ)を実際に使っている筆者が、色々とレビューしていきたいと思います!スキーやスノーボードだけではなく、普段使いとしても使えるHELI PROは、とても使いやすいなと感じています。スキー場でも使っているので、色々と書いていきます。...

Columbia「キャッスルロック25」

アメリカ発の人気アウトドアブランドColumbiaの「キャッスルロック25」。

アウトドアブランドながらの背負い心地を残し、背面パネルはメッシュ生地を使った蒸れを防止する性能があります。

アクセスがしやすいポケットを持ちつつ、シンプルで使いやすいデザインです。

また、リュック用のレインカバーが付属し、専用の収納スペースもあるので、急な雨でも安心して使う事ができます。

・容量:25L

・蒸れを防ぐメッシュ生地

・シンプルで使いやすいデザイン

・リュック用のレインカバーが付属

・「キャッスルロック25」のレビューはこちら >

コロンビアのリュック「キャッスルロック25L」をレビュー。バックパックの大きさや使い心地など!Columbia(コロンビア)のリュック「Castle Rock25L Backpack(キャッスルロック25L バックパック)」を実際に買って使ってみたので、使った感想やサイズの大きさなど、ブログで色々とレビューしていきます。「キャッスルロック25L」を使ってみたら、値段以上に良いリュックだなと感じました。...

Salomon「トレイルブレイザー20」

フランス・アルプス発の老舗スポーツ・アウトドアブランドSalomonの「トレイルブレイザー20」。

重量が430gと、とても軽量なリュックながら丈夫な生地が使われているリュックです。

胸、腰のベルトを装着する事で、ランニングをしてもズレづらいフィット感の良さもあります。

体を動かすハイキングやランニングにはおすすめのリュックです。

・容量:20L

・430gと軽量

・フィット感が良い背負い心地

・運動がしやすい形状

・「トレイルブレイザー20」のレビューはこちら >

サロモンのリュック「トレイルブレイザー20」をレビュー。バックパックの大きさや使い心地など。サロモン(SALOMON)リュック(バックパック)、「トレイルブレイザー20 (TRAILBLAZER 20)」を実際に買って使ってみたので、ブログで使い心地や大きさなどをレビューしていきます。ランニングなどの運動がしやすいリュックと言われていますが、実際の所どうなのかなども検証してみました。...

ARC’TERYX「マンティス26」

カナダ発のアウトドアブランドARC’TERYXの「マンティス26」。

丸みがあるスタイリッシュなデザインで街中でも使いやすいリュックです。

大きく開く収納スペースは荷物の出し入れもしやすく、簡単にアクセスできる収納ポケットもあります。

背面には背負い心地の向上や、型崩れを防止するアルミステー入りです。

・容量:26L

・シーンを選ばずに使えるデザイン

・背負い心地を向上させるアルミステー入り

・大きく開くメイン収納

・「マンティス26」のレビューはこちら >

アークテリクスのリュック「マンティス26」をレビュー。サイズ感や使ってみた感想!アークテリクスのリュック(バックパック)「マンティス26」を買って使ってみたので、使った感想やサイズ感など、色々とレビューしていきます。アウトドアだけではなく、普段使いやビジネスシーンまで使いやすいデザインの「マンティス26」は、そのデザインの良さに惹かれて購入してみました。...

BURTON「デイハイカー25」

スノーボードをメインとしたアウトドアブランドBURTONの「デイハイカー25」。

雨や雪などの水分を弾く高耐久性生地を使っているので、雨が降ってきた時にも安心できます。

スノーボードの板を取り付けられるストラップ付きで、脱いだジャケットをかけておくこともできます。

板を付けながら山を登る事もできるタフで軽量な素材を使っている、BURTONの中では大定番のリュックです。

・容量:25L

・水分を弾く高耐久性の生地

・頑丈で軽量な素材

・リュック表面にジャケットをかけられる

・「デイハイカー 25L」のレビューはこちら >

バートンのリュック「デイハイカー 25L」をレビュー。1万円以下の定番バックパック!BURTON(バートン)のリュック(バックパック)、「DAY HIKAER 25L(デイハイカー 25L)」を実際に買って使ったので、サイズ感や使い心地など、色々とレビューしていきます。バートンのリュックの中でも歴史が長い、定番の「デイハイカー 25L」を使ってみると、その長年販売され続けていた理由が分かった気がします。...

MILLET「ランドネ20」

フランス発の老舗アウトドアブランドMILLETの「ランドネ20」。

街中でも使いやすいシンプルなデザインながら、ハイキングでも背負いやすい性能も持つリュックです。

背負い心地を向上させる背面パネルやショルダーベルト、MILLETらしいハンドレストが搭載されているモデルです。

見た目からは想像がつかない機能性で、シーンを問わずに使う事が出来ます。

・容量:20L

・街使いもしやすいモデル

・背負い心地が良い背面パネルとショルダーベルト

・ハンドレスト付き

・「ランドネ20」のレビューはこちら >

ミレーのリュック「ランドネ20」をレビュー。サイズ感や使った感想など!MILLET(ミレー)のリュック(バックパック)「ランドネ20」を買って使ってみたので、サイズ感や使ってみた感想など、色々とレビューしていきます。アウトドアブランドとして大手のミレーですが、その中でも普段使いで使いやすいモデルの「ランドネ20」は、デザインの良さだけではありませんでした。...

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。ハイキングといえども、階段や坂道などがあるコースを歩くので、リュックはやはり背負いやすい物の方がストレスも感じづらく歩きやすくもなります。

キレイな景色に囲まれるので、やはり快適に楽しみたいですからね。

ここでご紹介したリュックを参考にして頂き、ハイキングを楽しんでもらえたらなと思います。

この記事で、ハイキングで使うリュックで悩んでいる方の、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!