スケートボード

あると便利なスケボーに行く時の持ち物!初心者から子連れの家族まで分けて紹介!

スケートボードに行く時に、何を持って行けば便利なんだろ?なんて事を考える方も少なくはないと思います。特に、スケートボードに慣れていない初心者の方や、子連れの家族で行くという方ですと分かりづらい所ですよね。

実は、誰でも持っているような物を持って行くと、「意外と使えるな」なんて事も結構あります。

そこで、スケートボード歴が10年以上ある筆者が、スケートボードに行く時にあると便利な物を、その時のシーン別にご紹介していきます。

良かったら参考にしてみてください。

スケートボードに持って行くと便利な持ち物!

今回ここでご紹介するのは、以下のような時に便利なアイテムをご紹介していきます。

・初心者がスケートボードに行く時に持って行くと便利な物

・家族で屋外スケボーパークに持って行くと便利な物

この2通りに関してご紹介していきます。

1つ目の「初心者がスケートボードに行く時に持って行くと便利な物」に関しては、年齢、屋内、屋外関係ないので、色々なシーンで使える物になります。

2つ目の「家族で屋外スケボーパークに持って行くと便利な物」に関しては、家族が屋外でスケートボードを楽しむ時に使える物になります。

是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

初心者がスケートボードに行く時に持って行くと便利な物

まず初めに、初心者の方が持って行くと便利な物をご紹介していきたいと思います。

便利そうだなと感じましたら、ぜひ持って行ってみてください。

リュックやケース

荷物を持って行く時に必要なのが、リュックやケースになります。

入れる物がなければ持って行きづらいですからね。

スケートボードが付けられる物や、デッキ以外にも荷物が入れられる物もあるので、1つ持っているだけでかなり便利になります。

もちろん、現在持っている物でも問題ありません。

スケートレンチ(工具)

滑りに行った時に必ず使う物という訳ではありませんが、あると結構便利な物がスケートレンチです。

スケートボードのトラックにある、「ブッシュ」というゴムの柔らかさなどをすぐに調整できるからです。

ブッシュゴムはこちらの事です↓

・ブッシュゴムとは、スケートボードの動きを左右する大切なゴムです。

なんか滑りづらいなと感じても、すぐに調整できるので持って行くと便利です。

ワックス

スケートボードパークに行くなら持っておきたいのがワックスです。

持って行かなくても滑る事は出来ますが、カーブBOXやレールの滑りが悪い時には大切なアイテムです。

せっかく滑りにいくなら色々と練習もしたいですからね。

持って行って損はない持ち物になります。

タオル

夏はもちろんの事、冬以外の季節だとスケートボードは汗をかきやすいので、ほぼ必所品と言っても過言ではありません。

筆者もほぼ100%の確率で持って行っています。

また、夏の場合なんかでは、2枚持って行くと更に便利になります。

・滑っている時の汗拭き用

・滑り終わった後、水道などでの頭や顔を洗った時用

夏ですと汗をかく量がすごいので、すぐにタオルが濡れてしまいますし、滑り終わった時に汗が付いたタオルだとスッキリしない・・なんて事もあります。

滑り終わった後に顔などを水道で洗い、使っていないタオルで拭くと、滑った跡にかなりスッキリします。

着替えのTシャツ

着替えのTシャツは、冬以外はほぼ必所品といった感じになります。

春や秋でも意外と汗をかくのがスケートボードなので、持って行って損はありません。

夏の場合は必ず持って行ったほうが良いです。

滑り終わった後の靴・サンダル

滑る時には、スケートボード用のスケートシューズで滑ると思いますが、滑り終わった後に替えのサンダルや靴に履き替えると、意外とスッキリします。

もちろん、必ず必要な物という訳ではありませんが、夏などの暑い時には履き替えるとスッキリします。

汗拭きシート

滑り終わった後に着替える時に、汗拭きシートがあれば体もスッキリと気持ち良くなります。

体が汗でベタベタな状態よりも、スッキリした状態で着替えた方が気持ち良いですからね。

できるだけスッキリしたい方には是非使って頂きたいです。

プロテクター

スケートボードには、怪我が付き物です。

うまい上級者の方でも転んでいるのをよく見かけますし、初心者の方となると、転ぶ確率も高くなります。

ですので、プロテクターがあれば安全に楽しみやすくなります。

最近では、プロテクターを着けて滑っている人も結構見るので、ダサいなんて事は一切ありません。

安全第一です!

家族で屋外スケボーパークに持って行くと便利な物

それでは次に、子連れの親子で行く時にあったら便利な物をご紹介していきます。

スケートボードは遊びの一種なので、ピクニック感覚の物を持って行くと以外と便利になります。

どんな物を持って行くと便利になるのか、ぜひ参考にしてみてください。

レジャーシート

スケートボードが出来る所は色々とありますが、意外と地面に座る所が多いです。

・コンクリートの上

・芝生の上

また、意外と座るベンチも少なかったりもします。

座る時の汚れやすくなりますし、荷物も汚れやすくなってしまうので、レジャーシートがあると便利です。

クーラーボックス

夏にかなり活躍してくれるのがクーラーボックスです。

日除けのような屋根やパラソルのような物が少なかったり、無かったりするので、食べ物や飲み物は直射日光を浴び続ける事になります。

日光を浴び続けると食べ物も痛みやすくなりますし、飲み物を冷やす為にもある便利です。

虫よけスプレー

スケートボードが出来るのは普通の公園のような所が多いです。

蚊がいたりするので、虫よけスプレーは結構使えます。

日除けする物

先ほども書いたのですが、スケートボードが出来る所は日除けする物が少ないです。

特に夏ですが、日焼け対策や休憩する時用に、日除けが出来る物があると遊びやすくなります。

小さい椅子

意外と使えるのが、小さい椅子です。

キャンプで使うような、折り畳みの椅子を使っている人も見た事があります。

地面にずっと座っているのも辛いですし、暖かい日に日光浴をするのにも使いやすいです。

ミニテーブル

ミニテーブルがあれば、食べ物も置いて置きやすいですし、物を置いておくのに便利です。

実際に、折り畳みが出来るピクニックテーブルのような物を使っている人も見た事があります。

快適性も上がりますし、意外と使えるアイテムです。

消毒液・絆創膏

スケートボードを滑っていると怪我をしやすくなります。

ヒザや肘にプロテクターを着けていたとしても、転んだ時に手をついてしまい、手の平を怪我するなんて事も起こります。

備えあれば憂いなしではありませんが、いざという時の為にも持って行って損はありません。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。筆者はスケートボード歴が10年以上になりますが、ここ数年で家族連れの方も多くなった気がします。

スケートボードをやっている身としては嬉しい事です。

初心者の方もよく見かけるので、スケートボードをする方が増えたな~なんて事を感じています。

是非、便利な持ち物を使って、滑る方も、滑らない方も、快適な1日を過ごしてもらえたらなと思います。

この記事で、スケートボードに行く時の持ち物について、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!