バッグ

タウンユースで使えるアウトドアブランドのリュック14選。普段使いしやすいバックパック!

通勤や通学、普段使いのタウンユースとして使うリュックを探している方の中には、「アウトドアブランド」で探している方もいると思います。アウトドアブランドでしたら、造りも丈夫な物が多いですし、背負い心地が良い物や背負いやすい物が多いですからね。

アウトドアブランドのリュックは、その性能を生かしたまま、オシャレなデザインの物も多いので普段使いとしても使いやすい物が多いです。

ただ、いざ探そうしても、どんな物があるのか分かりづらい所ですし、探すのにも時間がかかってしまいます。

そこで、以前スノーボードショップでバッグ類などのアクセサリー担当として働いていた経歴を持ち、いくつものリュックを使ってきた筆者が、「アウトドアブランド」で普段使いしやすいおすすめのリュックをご紹介していきます。

良かったら参考にしてみてください。

普段使いしやすい「アウトドアブランド」のリュック(バックパック)おすすめ14選。

「アウトドアブランド」の特徴は、なんといっても丈夫な生地と背負いやすさを考えられた性能の良さです。

ただ、いくら性能が良いと言っても、普段使いするのであれば、タウンユース仕様の物を選びたい所だと思います。

そして、街中などで使うのであれば、そのシーンに合ったデザインの物を使いたいですよね。

そこで今回ご紹介していくリュックは、以下の様な項目に当たるリュックになります。

・アウトドアブランド

・タウンユース仕様

・通勤通学や普段使いしやすいデザイン

・容量は20L~30L

このような所をピックアップしてご紹介していきます。

街中でも使いやすいデザインで、タウンユースとして使いやすい容量の20~30Lのリュックになります。

また、所々で筆者が実際に使った記事もリンクとして貼っておきますので、合わせて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Coleman「WALKER25」

人気アウトドアブランドColeman(コールマン)の「WALKER 25」。

シンプルなデザインながら、収納スペースが2つに分かれています。

小分けに出来るポケットもあり、値段も安いのでおすすめです。

・容量:25L

・シンプルなデザイン

・使いやすい2つの収納スペース

・値段が安くてコスパ高め

・定価:6,480円(税込み)

GREGORY「DAY PACK」

バッグブランドとして人気が高いGREGORY(グレゴリー)の「DAY PACK」。

ブランド創業時からアップデートしつつ販売され続けている、歴史が長い定番モデルのリュックです。

長持ちしやすい上質な素材とジッパーに加え、どんなシーンでも使えるリュックになります。

・容量:26L

・シンプルでどんなシーンでも使いやすいデザイン

・丈夫な素材とジッパーを使用

・背負いやすさを追求したショルダーストラップ

・定価:22,000円(税込み)

GREGORY「EVERY DAY」

GREGORYの「 EVERY DAY」はスクエアタイプのリュックになります。

収納できるスペースが2つあり、小分けに出来るポケットも付いています。

GREGORY特徴の生地の丈夫さも含まれているので、長く使う事が出来ます。

・容量:21L

・シンプルなスクエアデザイン

・収納が2ルームで荷物が分けやすい

・背負いやすさを追求したショルダーベルト

・定価:18,700円(税込み)

ARC’TERYX「マンティス26」

カナダ発の人気アウトドアブランドARC’TERYX(アークテリクス)の「マンティス26」。

丸みがあるシンプルなデザインのリュックです。

しっかりとした丈夫な生地を使用し、アウトドアブランドながらの背負いやすさも組み込まれています。

・容量:26L

・シンプルでどんなシーンでも使いやすいデザイン

・使いやすい小分けポケット、メインルーム以外に3つのサブルーム仕様

・背負いやすさも追及されている背中面とショルダーベルト

・定価:18,700円(税込み)

THE NORTH FACE「PIVOTER」

人気アウトドアブランドTHE NORH FACE(ザ・ノースフェイス)の「PIVOTER」。

丸みがあるスッキリとしたデザインで、アウトドアでも普段使いでも使いやすいリュックです。

背負っている時の通気性の良さや背負いやすさはもちろんの事、使いやすいポケットもおすすめの理由です。

・容量:28L

・スッキリとした使いやすいデザイン

・通気性とクッション性に優れた背面

・使いやすいポケット

・定価:12,100円(税込み)

BURTON「DAY HIKER25」

スノーボード、アウトドアブランドとして有名なBURTON(バートン)の「DAY HIKER 25L」。

スノーボードやスケートボードを取り付けられるストラップや、板を取り付けても背負いやすいショルダーストラップが特徴です。

撥水性がある生地も使われているので、少しぐらい濡れても平気なリュックです。

・容量:25L

・重い物を入れても背負いやすいショルダーストラップ

・撥水性がある生地を使用

・普段使いもしやすい小分けが出来るポケット

・定価:9,680円(税込み)

BURTON「TINDER2.0」

BURTONの普段使い用に特化したモデルの「TINDER 2.0」。

30Lと容量が多くて荷物をたくさん入れる事が出来ます。

リュックの上部はフラップタイプになっている、クラシカルなリュックデザインです。

・容量:30L

・クラシカルでシンプルなデザイン

・重い荷物を入れても背負いやすいショルダーストラップ

・撥水性がある生地を使用

・定価:10,780円(税込み)

DAKINE「CAMPUS M 25L」

スノースポーツやアウトドアの有名バッグブランドDAKINE(ダカイン)の「CAMPUS M 25L」。

スッキリとしたシンプルなデザインで、収納ルームが2つあるリュックになります。

背負いやすい背面やショルダーベルト仕様に加え、使いやすいポケットも付いています。

・容量:25L

・スッキリとしたシンプルデザイン

・使いやすい2ルームと収納ポケット

・背負いやすく疲れづらいショルダーベルト

・定価:8,800円(税込み)

Karrimor「hash DG 27」

人気アウトドアブランドKarrimor(カリマー)の「hash DG 27」。

スタイリッシュながらシンプルなデザインなので、通勤通学などの普段使いがしやすいリュックです。

小分けが出来て小物が収納しやすい、サイドポケットが特徴になります。

・容量:27L

・スタイリッシュでシンプルなデザイン

・小分けが出来て収納しやすいサイドポケット

・背負い心地を上げる背面パネルとショルダーベルト

・定価:14,300円(税込み)

Columbia「Castle Rock 25L」

アウトドアブランドColumbia(コロンビア)の「Castle Rock 25L」。

シンプルなデザインながら、フロントに斜めに入ったジッパーポケットがアクセントになっています。

収納は2ルーム仕様で、小分けに出来るポケットも付いています。

背負いやすさを向上させるショルダーベルトに加え、レインカバーもセットで付いてきます。

・容量:25L

・シンプルで斜めのジッパーがアクセントのデザイン

・収納は2ルーム仕様で使いやすいポケット

・レインカバー付き

・定価:8,690円(税込み)

・キャッスルロックには、20L容量のサイズ違いもあります。

MAMMUT「Xeron20」

登山をメインとしたアウトドアブランドMAMMUT(マムート)の「Xeron20」。

スッキリとしたシンプルデザインながら、登山ブランドとしての背負いやすさも兼ね備えています。

外側からアクセスできる小物ポケットもある、使いやすいリュックです。

・容量:20L

・スッキリとしたシンプルデザイン

・外側からアクセスしやすいポケット

・背負い心地が良いショルダーベルト

・定価:12,100円

MILLET「クーラ30」

人気アウトドアブランドMILLET(ミレー)の「クーラ 30」。

スクエアに近いタイプのモデルで、通勤通学などの普段使いがしやすいリュックです。

外側にはアクセスがしやすいポケット、背中面には蒸れづらい工夫がされています。

・容量:30L

・街中で使いやすいデザイン

・背負いやすさを向上させるショルダーストラップ

・すぐにアクセスできる使いやすいポケット

・レインカバー付き

・定価:15,400円(税込み)

MILLET「ランドネ20」

MILLETの普段使い仕様のモデル「ランドネ 20」。

普段使いや小旅行まで使いやすいシンプルなデザインのリュックです。

収納スペースが2つに分かれていて、小分けがしやすいポケットも付いています。

外側からアクセスしやすいポケットがあり、ショルダーベルトもしっかりと造られています。

・容量:20L

・シンプルでスッキリとしたデザイン

・荷物を分けて収納する事が出来る

・背負いやすさを向上させるショルダーベルト

・定価:9,790円(税込み)

CHUMS「SPRING Dale25」

カジュアルでカラフルなアイテムが豊富なアウトドアブランドCHUMS(チャムス)の「Spring Dale 25」。

登山やフェスで使いやすい性能や、普段使いもしやすいデザインが特徴です。

背負っている時のフィット感や、背負い心地も追及されているリュックになります。

・容量:25L

・普段使いがしやすいデザイン

・登山やフェスでも使いやすいポケットや性能

・カラーバリエーションが多い

・定価:16,500円

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。アウトドアブランドのリュックは、やはり性能が良くて、実際に使っていても使いやさを感じています。

登山やハイキング、スノーボードなどのアウトドアで使うリュックを製造しているだけあって、信頼性は高いですからね。

ぜひお気に入りを見つけていただき、使いやすいリュックで生活をしてもらえればなと思います。

この記事で、アウトドアブランドで普段使いしやすいリュックを探している方の、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!